試行錯誤の成れの果て

コンテンツ

まだ何もない

スライド

勉強会等で発表したスライド

scala文法入門 forの使い方

Scalaのfor式はループのための構文は無いのです。
ということでループではないforをどうぞ。

Web API

公開しているWeb APIの使い方

Random Number API

できる限り再現性や周期性の無い乱数を取得するためのAPI

都度更新される独自定義の乱数テーブルを使用し、 それを複数プログラムから取得することにより周期性を観測できない事を目指しています。

パラメーター

    1. base
    2. 2 | 8 | 10 | 16
    3. 取得する乱数の基数
    1. length
    2. 1 〜 64
    3. 取得する乱数の桁数
    1. count
    2. 1 〜 120
    3. 取得する乱数の個数

取得結果

JSON形式のオブジェクトを一つ取得します。

    1. base
    2. number
    3. 取得した結果の基数
    1. length
    2. number
    3. 取得した結果の桁数
    1. count
    2. number
    3. 取得した結果の個数
    1. values
    2. array of string
    3. 結果